尼崎ナンバーワンの情報量をもつ不動産店に、他店との違いを聞いてみました



尼崎のマンション建設

今、尼崎では、JR尼崎駅周辺を中心にマンション建設ラッシュが続いています。

そんな中で、JR尼崎駅すぐの不動産店「ハウスマスター」は、公開されている全ての不動産情報を店内の情報システムに集約しているそうです。

なぜハウスマスターは、そんなことをやっているのか? ハウスマスターの井上さんに、他店との違いを詳しく聞いてみました。

大手不動産ポータルサイトの2倍の情報を持ってます

エージェントマスターシステム

つちや:他店にはない、ハウスマスターの特徴は何ですか?

井上:2大システムの、AMSとハイアーFPですね。AMSとは、尼崎に特化した、すべての物件情報を集約したシステムのことです。

他の大手不動産ポータルサイトにくらべて、2倍ちかくの情報量があるんですよ。

※AMSとは、エージェントマスターシステムの略称です。

つちや:大手不動産ポータルサイトと言いますと、スーモさん、ホームズさんとかがありますよね。

井上:他にも、レインズと言うコンピュータネットワークシステムがありまして、この情報システムは、ほとんど全ての公開されている不動産情報があると言われています。

そのレインズを使って尼崎の物件数を調べてみますと、現在1200件くらいなんですね。

一方、ハウスマスターには、1900件ちかくの物件情報があります。レインズよりも物件数が多い。つまり、どこよりも情報量は多いと言えます。

※レインズとは、不動産流通標準情報システムの略称で、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピュータネットワークシステムの名称です。

会員の不動産会社が不動産情報の提供をおこなうシステムで、公開されている、ほとんどの不動産情報があると言われています。

直感的に希望の物件が探せるAMS
希望の物件が地図上に表示される。クリックすると詳細が閲覧できる。

マンションと戸建ての情報量

つちや:それは大きなメリットですね。

井上:たくさんの情報から判断していただくために、こういうシステムにしました。

つちや:買う人からしたら、情報量が多いのは魅力的だと思います。

井上:お客様には「正確な情報が知りたい」と、よく言われます。すべての物件情報を見てから判断していただくので、判断も正確になるんじゃないかと。

弊社のホームページに掲載していない物件が、AMSの中に多数あります。すべての物件情報を見ていただくには、一度お店までお越しいただければと思います。

※AMSは、インターネット上からアクセスできない仕組みになっています。

将来の資金シュミレーションが自分でできる

ハイアーFP

つちや:もう一つの特徴は何ですか?

井上:ハイアーFPという、将来の資金シュミレーションができるシステムです。最近、将来のことや老後のことの資金相談をすることが増えてきています。

それを相談するのは、普通ファイナンシャルプランナーの先生なんですが、ちょっと敷居が高くて、費用もかかる。

そこで、ハウスマスターが考えたのは、ファイナンシャルプランナーの先生がやってくれることを、誰でも簡単にできるシステムにしようと。

つちや:なるほど。先生に相談せずとも、自分で簡単にシミュレーションできるというシステムなんですね。

井上:そうです。人生の三大出費「住宅、教育、老後」と言いますが、これらを全部しっかりシミュレーションして家を買う人が多くなっているんで。

もちろんハイアーFPで簡単にシミュレーションしてから、ファイナンシャルプランナーの先生に相談すれば、より計画性が高くなると思います。

つちや:他の不動産店さんは、そこまでされないのですか?

井上:大手さんになると、ファイナンシャルプランナーの先生を招致して、講演をしてもらったりはありますね。

ハウスマスターでは、自分でできるシステムを用意しました。

つちや:それがハイアーFPなんですね。将来の出費を抑えられそうです。今日はありがとうございました。

これでおしまいです。
お読みくださり、ありがとうございました。

今回のお店

2016060304

尼崎の不動産店「ハウスマスター」

尼崎ナンバーワンの不動産情報をもつ、不動産店。マンションや戸建ての物件情報数が尼崎ナンバーワン(約1900件)。店内に備わったシステムで検索をかけると、希望の物件が地図上に表示される。

尼崎でマンションや戸建てを探すなら、情報収集のために役立つお店。

所在地:〒660-0807 兵庫県尼崎市長洲西通1-2-3
店舗サイトURL:http://www.housemaster.jp
FacebookURL:https://www.facebook.com/housemasteramagasaki/


このエントリーをはてなブックマークに追加